コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川藩 きつれがわはん

3件 の用語解説(喜連川藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜連川藩
きつれがわはん

江戸時代,下野国 (栃木県) 塩谷郡喜連川地方を領有した藩。足利義氏領を継いだ足利頼氏の 3500石に始り,江戸時代は 5000石。ただし,古河公方 (こがくぼう) 一族ということから,特別に 10万石の格式が与えられていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

きつれがわはん【喜連川藩】

江戸時代下野(しもつけ)国塩谷(しおや)郡喜連川(現、栃木県 さくら市喜連川)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は翰林館(かんりんかん)。1590年(天正(てんしょう)18)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)小田原征伐で後北条氏を滅ぼしたが、名門古河公方(こがくぼう)の断絶を惜しみ、男子を残さず没した5代足利義氏(よしうじ)の娘に小弓公方(おゆみくぼう)義明(よしあき)の孫国朝(くにとも)を配し、喜連川の3500石を与えた。国朝は初め古河に住んだが、ほどなく喜連川に移り、喜連川を姓とした。以後、明治維新まで13代にわたって存続、石高は加増を加えても5000石にすぎなかったが、高家(こうけ)10万石の格式が与えられていた。1870年(明治3)、廃藩置県に先立って封土を新政府に奉還、日光県に組み込まれたが、翌年の廃藩置県に伴い宇都宮県の一部を経て栃木県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜連川藩
きつれがわはん

下野(しもつけ)国(栃木県)喜連川に居所を置いた外様(とざま)小藩。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉は、小田原への参陣を怠った喜連川城主塩谷(しおや)氏を改易したが、一方、名門古河公方(こがくぼう)家の断絶を惜しみ、古河公方5代足利義氏(あしかがよしうじ)の娘に義明(よしあき)の孫国朝(くにとも)を配して、これに3500石を与えた。足利国朝は初め古河、ほどなく喜連川に居住し喜連川氏を称した。石高はその後の加増分を入れて約5000石であり、万石以下であったが、高家(こうけ)10万石の格式を与えられた。国朝のあと、頼氏(よりうじ)、尊信(たかのぶ)、昭氏、氏春、茂氏、氏連(うじつら)、恵氏(やすうじ)、彭氏(ちかうじ)、煕氏(ひろうじ)、宣氏(よしうじ)、縄氏(つなうじ)、聡氏(ふさうじ)と13代にわたって在封し、明治維新を迎えた。1868年(明治1)縄氏のとき喜連川を改め、本氏の足利に復した。70年領地を奉還、日光県を経て翌年栃木県に編入。[阿部 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜連川藩の関連キーワード塩谷下野草穂咲下野しもつけ紅塩谷北海道小樽市塩谷栃木県塩谷郡栃木県塩谷郡塩谷町伊能下野下野屋十兵衛

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone