囁・私語(読み)ささやき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ささやくこと。また、そのことば。ひそひそ話。耳うち。ささめき。比喩的に、草木、川などのたてる小さな音もいう。
※応永本論語抄(1420)雍也第六「耳乎は耳語(ササヤキ)也。汝人を得たるかとささやき玉ふ也」
※高瀬舟(1916)〈森鴎外〉「只舳に割かれる水のささやきを聞くのみである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android