コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひそひそ ヒソヒソ

デジタル大辞泉の解説

ひそ‐ひそ

[副]
他人に聞こえないように小声で話すさま。「ひそひそ(と)相談する」
物音もなく、ひっそりとしているさま。また、人に知られないように物事をするさま。
「―として姫君は見え給はず」〈伽・花世の姫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひそひそ

( 副 )
人に聞こえないように小声で話をするさま。 「 -(と)耳もとでささやく」
人に知られないようにこっそりとなにかをするさま。 「 -(と)何事かたくらむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひそひその関連キーワード始めの囁き後のどよめき聞き耳を立てる声を忍ばせるうちささめくヘロンダス話・咄・噺ウィスパー枕を攲てるこそこそ話ちょぼくさひそひそ声差し覗くそそめく事有り顔ささめくひさめく忍び言密めき忍び声耳相談

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひそひその関連情報