コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶつぶつ ブツブツ

デジタル大辞泉の解説

ぶつ‐ぶつ

[副]
小声でものを言うさま。「いつもぶつぶつ(と)ひとりごとを言う」
不平・不満や小言をいうさま。「陰でぶつぶつ(と)愚痴ばかり言っている」
物が泡立つように煮えたつさま。「豆がぶつぶつ(と)煮えている」
小さな粒や泡がたくさんできるさま。「肌にぶつぶつ(と)湿疹が出ている」
物を細かく切るさま。また、何度も穴をあけるさま。「魚をぶつぶつ(と)切る」「障子にぶつぶつ(と)穴をあける」
[名]表面にたくさん出た粒状の物。「背中にぶつぶつができた」
[アクセント]ツブツ、はブツブツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつぶつ

[1] ( 副 ) スル
小声でつぶやくさま。 「何か-言いながら歩いている」
不平不満などを大っぴらでなく、言うさま。 「どう分配しても誰かが-言う」
小さな穴や突起がたくさんあるさま。粒立っているさま。 「鶏の皮みたいに-(と)している」
小さな泡を出しながら煮立ったり、湧き出たりするさま。 「お粥かゆが-(と)煮えてきた」 「ガスが-(と)吹き出す」
何度も突き刺して穴をあけたり、短く切ったりするさま。また、その音を表す語。 「蓋に-(と)穴をあける」 「綱を-(と)切る」
[0] ( 名 )
表面にたくさんある小さな穴や突起。 「肌に-が残る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぶつぶつの関連キーワード皮膚サルコイドーシス毛瘡(かみそりまけ)自家感作性皮膚炎Googleバズアトピー性皮膚炎シイタケ皮膚炎千宗室(8代)愚図ら愚図らごじゃごじゃアクセントひとりごとトラコーマつぶつぶ愚図愚図ぼいぼいぶつやくぶつくさ蟹の念仏皮膚結核ぶいぶい

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶつぶつの関連情報