コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国同盟 しこくどうめい Quadruple Alliance

7件 の用語解説(四国同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四国同盟
しこくどうめい
Quadruple Alliance

1815年 11月 20日,ナポレオン1世没落後のヨーロッパの平和維持を目的として,オーストリアロシアプロシアイギリスの4ヵ国間で結ばれた同盟。ウィーン体制の維持と革命運動に対する共同武力干渉などを目的とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しこく‐どうめい【四国同盟】

1815年、イギリス・オーストリア・プロイセン・ロシアの4か国が結んだ同盟。ナポレオン戦争後のヨーロッパの平和維持の名の下に、ウィーン反動体制の擁護と自由主義民族主義運動の抑圧を目的とした。1818年に、フランスが加わって五国同盟となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

四国同盟【しこくどうめい】

1815年英,露,オーストリア,プロイセンがウィーン体制の維持と革命運動の弾圧を目的として結んだ同盟。1818年フランスが加入して五国同盟となる。しかし英国は他国の内政干渉には反対し,そのため同盟内に分裂が生じて1822年瓦解した。
→関連項目神聖同盟メッテルニヒ

四国同盟【よんごくどうめい】

四国(しこく)同盟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しこくどうめい【四国同盟 Quadrupelallianz[ドイツ]】

1815年11月20日ロシア,イギリス,オーストリア,プロイセンのあいだで結ばれた同盟であり,神聖同盟執行機関という役割をもった。ヨーロッパの古い王権を保持し,革命の再発を防ぐという神聖同盟の目的をうけて,同盟国は定期的に会合し,ヨーロッパにおける大国主義的支配体制を確立することに努めた。さらに1818年11月15日の神聖同盟アーヘン会議においてフランスも加盟し(五国同盟),〈五大国体制pentarchy〉をつくり出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しこくどうめい【四国同盟】

1815年、オーストリア・ロシア・プロイセン・イギリスの四か国が結んだ同盟。ヨーロッパの平和維持の名のもと、自由主義・民族主義運動を抑圧し、ウィーン体制を擁護。のちフランスが加わり五国同盟となったが、イギリスは離脱した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四国同盟
しこくどうめい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四国同盟の関連キーワードイギリス革命イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争日露イギリス巻イギリスパンイギリスの名車Miniバースデーの日ロシアより愛をこめてロシアン・ブルーイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone