コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国同盟 しこくどうめいQuadruple Alliance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四国同盟
しこくどうめい
Quadruple Alliance

1815年 11月 20日,ナポレオン1世没落後のヨーロッパの平和維持を目的として,オーストリア,ロシア,プロシアイギリスの4ヵ国間で結ばれた同盟ウィーン体制の維持と革命運動に対する共同武力干渉などを目的とした。 18年最初の定期会議をアーヘンで開いて,フランスの加入を承認し,五国同盟に発展したが,22年スペインの革命を契機に崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しこく‐どうめい【四国同盟】

1815年、イギリス・オーストリア・プロイセン・ロシアの4か国が結んだ同盟。ナポレオン戦争後のヨーロッパの平和維持の名の下に、ウィーン反動体制の擁護自由主義民族主義運動の抑圧を目的とした。1818年に、フランスが加わって五国同盟となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四国同盟【しこくどうめい】

1815年英,露,オーストリア,プロイセンがウィーン体制の維持と革命運動の弾圧を目的として結んだ同盟。1818年フランスが加入して五国同盟となる。しかし英国は他国の内政干渉には反対し,そのため同盟内に分裂が生じて1822年瓦解した。
→関連項目神聖同盟メッテルニヒ

四国同盟【よんごくどうめい】

四国(しこく)同盟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しこくどうめい【四国同盟 Quadrupelallianz[ドイツ]】

1815年11月20日ロシア,イギリス,オーストリア,プロイセンのあいだで結ばれた同盟であり,神聖同盟執行機関という役割をもった。ヨーロッパの古い王権を保持し,革命の再発を防ぐという神聖同盟の目的をうけて,同盟国は定期的に会合し,ヨーロッパにおける大国主義的支配体制を確立することに努めた。さらに1818年11月15日の神聖同盟アーヘン会議においてフランスも加盟し(五国同盟),〈五大国体制pentarchy〉をつくり出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しこくどうめい【四国同盟】

1815年、オーストリア・ロシア・プロイセン・イギリスの四か国が結んだ同盟。ヨーロッパの平和維持の名のもと、自由主義・民族主義運動を抑圧し、ウィーン体制を擁護。のちフランスが加わり五国同盟となったが、イギリスは離脱した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四国同盟
しこくどうめい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四国同盟の関連キーワードリシュリュー(公家)クアドロプルリバプール伯コジモ3世東方問題デュボア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android