コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国縦貫自動車道 しこくじゅうかんじどうしゃどう

2件 の用語解説(四国縦貫自動車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四国縦貫自動車道
しこくじゅうかんじどうしゃどう

徳島県北東部の徳島市から三好市を経て愛媛県に入り,四国中央市西条市松山市を経て大洲市にいたる高速自動車道徳島自動車道松山自動車道として供用中。全長 222.2km。川之江四国横断自動車道と交差,接続する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四国縦貫自動車道
しこくじゅうかんじどうしゃどう

四国を東西に縦貫する高速道路。起点の徳島市から吉野川沿岸を西に進み、愛媛県四国中央市から瀬戸内海沿いの新居浜(にいはま)平野を通って松山市付近から南下し、終点の愛媛県大洲(おおず)市に至る。総延長222キロメートル、全線4車線(一部は暫定的に2車線)。徳島市、四国中央市、大洲市で四国横断自動車道と接続。この道路は、徳島平野の農業・工業地帯、瀬戸内海側の新居浜市周辺の工業地帯、松山平野、大洲・宇和島地方を結ぶ大動脈である。また、四国横断自動車道とともに四国4県を相互に連絡すること、および愛媛県西条市で本州四国連絡道路の尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルート(西瀬戸自動車道)に至る今治小松自動車道とも接続し、四国地方の開発に大きな役割を果たすものである。管理は西日本高速道路。
 2000年(平成12)7月の伊予インターチェンジ―大洲インターチェンジ間32キロメートルの供用により、全線が開通している。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四国縦貫自動車道の関連キーワード徳島県三好市井川町島徳島県三好市井川町辻徳島県徳島市かちどき橋徳島県徳島市下助任町徳島県徳島市徳島町城内徳島県三好市東祖谷大枝徳島県三好市東祖谷釣井徳島県三好市東祖谷林徳島県三好市東祖谷元井徳島県三好市三野町芝生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone