コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四條畷の戦い しじょうなわてのたたかい

2件 の用語解説(四條畷の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四條畷の戦い
しじょうなわてのたたかい

南北朝時代,南朝方の楠木正行 (まさつら) らと,足利方の高師直 (こうのもろなお) らとの四條畷付近における戦い。正行らが河内南半分を押えたのを聞いた足利尊氏は,正平2=貞和3 (1347) 年に細川顕氏山名時氏らに命じて正行を攻撃させたが敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四條畷の戦い
しじょうなわてのたたかい

1348年(正平3・貞和4)正月5日、南朝方の楠木正行(くすのきまさつら)・正時(まさとき)らの軍と、室町幕府方高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)らの軍との河内(かわち)四條畷(大阪府四條畷市)における戦い。47年(正平2・貞和3)以来紀州などで蜂起(ほうき)する楠木軍に対し、細川顕氏(あきうじ)、山名時氏(ときうじ)らが討伐に向かったが失敗。驚いた幕府は、その年の暮、高師直・師泰、佐々木高氏(導誉(どうよ))などの率いる大軍を送り、吉野鎮圧を目ざそうとした。一方、楠木軍も、死を決して戦いに臨んだといわれ、『太平記』には、正行が、後村上(ごむらかみ)天皇に決別し、「返らじと兼ねて思へば梓弓(あづさゆみ)なき数にいる名をぞとどむる」という句を残して出撃したと記されている。しかし、幕府軍8万、楠木軍3000ともいわれる戦いは、正行以下多くの武将を失った南朝方が大敗した。この戦いにより、勢力回復を図る南朝方は大きな打撃を受け、師直はさらに吉野へ進軍。天皇は賀名生(あのう)に逃れた。[奥富敬之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四條畷の戦いの関連キーワード楠木池田教正上山高元楠木正家楠木正勝楠木正元橋本正茂堀田正泰和田正武和田正朝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone