コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四條畷の戦い しじょうなわてのたたかい

2件 の用語解説(四條畷の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四條畷の戦い
しじょうなわてのたたかい

南北朝時代,南朝方の楠木正行 (まさつら) らと,足利方の高師直 (こうのもろなお) らとの四條畷付近における戦い。正行らが河内南半分を押えたのを聞いた足利尊氏は,正平2=貞和3 (1347) 年に細川顕氏山名時氏らに命じて正行を攻撃させたが敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四條畷の戦い
しじょうなわてのたたかい

1348年(正平3・貞和4)正月5日、南朝方の楠木正行(くすのきまさつら)・正時(まさとき)らの軍と、室町幕府方高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)らの軍との河内(かわち)四條畷(大阪府四條畷市)における戦い。47年(正平2・貞和3)以来紀州などで蜂起(ほうき)する楠木軍に対し、細川顕氏(あきうじ)、山名時氏(ときうじ)らが討伐に向かったが失敗。驚いた幕府は、その年の暮、高師直・師泰、佐々木高氏(導誉(どうよ))などの率いる大軍を送り、吉野鎮圧を目ざそうとした。一方、楠木軍も、死を決して戦いに臨んだといわれ、『太平記』には、正行が、後村上(ごむらかみ)天皇に決別し、「返らじと兼ねて思へば梓弓(あづさゆみ)なき数にいる名をぞとどむる」という句を残して出撃したと記されている。しかし、幕府軍8万、楠木軍3000ともいわれる戦いは、正行以下多くの武将を失った南朝方が大敗した。この戦いにより、勢力回復を図る南朝方は大きな打撃を受け、師直はさらに吉野へ進軍。天皇は賀名生(あのう)に逃れた。[奥富敬之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone