コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固原 こげんGù yuán

世界大百科事典 第2版の解説

こげん【固原 Gù yuán】

中国,寧夏回族自治区南部,清水河上流の県。人口46万(1994)。銀川平野から清水河を経て渭河平野の西安への交通要地として古くから開け,漢代,すでに高平県がおかれた。その後,遊牧民族の支配をうけたこともあるが,明・清代には中原地方の防衛拠点として重要視された。現在は自治区南部の経済・交通中心で,食品工業水力発電所がある。【小野 菊雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固原
こげん / クーユワン

中国、寧夏(ねいか/ニンシヤ)回族自治区南部の県。固原地区の中心。黄河(こうが/ホワンホー)の支流である清水河(せいすいが)の上流。六盤(ろくばん)山脈の東麓(とうろく)の黄土(こうど/ホワントゥー)高原地帯にあり、畑作と牧畜を主とする。渭河(いが/ウェイホー)と清水河の分水嶺(ぶんすいれい)地帯にあたり、陝西(せんせい/シャンシー)と寧夏を結ぶ交通路上の要衝である。早く漢代に高平県が設けられたが、しばしば北方異民族の領有するところとなり、漢民族にとっては辺境防備の重要な基地であった。とくに明(みん)代は九辺鎮の一つとして固原州が設けられ、軍鎮があった。県の北西須弥山(しゅみさん)には北朝に始まる石窟(せっくつ)があり、多くの石造仏像がある。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

固原の関連情報