コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府犀東 こくぶ さいとう

美術人名辞典の解説

国府犀東

文章家、漢詩人。名は種徳。金沢の人。東大法卒。内務省宮内省に勤め、慶応大学講師、東京高等学校教授等歴任秋声会・筑波会会員。『犀東文集』『龍吹鶴語』等著作がある。昭和25年(1950)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国府犀東【こくぶさいとう】

漢詩人。本名種徳(たねのり)。金沢生れ。東大法科中退。雑誌《太陽》その他に時事評論を書き,文章家として知られた。漢詩をよくし,新体詩や短歌の集《花柘榴(ざくろ)》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国府犀東 こくぶ-さいとう

1873-1950 明治-昭和時代の詩人。
明治6年2月生まれ。博文館の「太陽」編集部や内務省,宮内省などにつとめ,のち慶大,東京高校でおしえる。歴史,地誌,有職(ゆうそく)故実にくわしく,漢詩を主に新体詩もつくった。昭和25年2月27日死去。77歳。石川県出身。東京帝大中退。名は種徳(たねのり)。詩文集に「花柘榴(はなざくろ)」,著作に「佐渡と新潟」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国府犀東
こくぶさいとう

[生]1873.2. 金沢
[没]1950.2.27.
漢詩人。本名,種徳。東京大学法科中退。雑誌,新聞の記者を経て宮内省御用掛となり,詔勅や大臣訓示などを起草。新体詩も試み,詩文集『花柘榴 (はなざくろ) 』 (1901) のほか『犀東文集』,地誌,漢詩集がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国府犀東の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android