コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府犀東 こくぶ さいとう

4件 の用語解説(国府犀東の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

国府犀東

文章家、漢詩人。名は種徳。金沢の人。東大法卒。内務省・宮内省に勤め、慶応大学講師、東京高等学校教授等歴任。秋声会・筑波会会員。『犀東文集』『龍吹鶴語』等著作がある。昭和25年(1950)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国府犀東【こくぶさいとう】

漢詩人。本名種徳(たねのり)。金沢生れ。東大法科中退。雑誌《太陽》その他に時事評論を書き,文章家として知られた。漢詩をよくし,新体詩や短歌の集《花柘榴(ざくろ)》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国府犀東 こくぶ-さいとう

1873-1950 明治-昭和時代の詩人。
明治6年2月生まれ。博文館の「太陽」編集部や内務省,宮内省などにつとめ,のち慶大,東京高校でおしえる。歴史,地誌,有職(ゆうそく)故実にくわしく,漢詩を主に新体詩もつくった。昭和25年2月27日死去。77歳。石川県出身。東京帝大中退。名は種徳(たねのり)。詩文集に「花柘榴(はなざくろ)」,著作に「佐渡と新潟」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国府犀東
こくぶさいとう

[生]1873.2. 金沢
[没]1950.2.27.
漢詩人。本名,種徳。東京大学法科中退。雑誌,新聞の記者を経て宮内省御用掛となり,詔勅や大臣訓示などを起草。新体詩も試み,詩文集『花柘榴 (はなざくろ) 』 (1901) のほか『犀東文集』,地誌,漢詩集がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府犀東の関連キーワード上田敏雄緒方昇加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき富士田吉治(3代)方等みゆき正富汪洋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国府犀東の関連情報