コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国文学研究資料館 こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国文学研究資料館
こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

国文学の文献センター。所在地は東京都立川市。1972年文部省史料館を統合し設立。初代館長市古貞次。江戸時代までの古典籍の調査,収集,および研究文献の収集,整理を行なう。原本のほか,3万点以上のマイクロフィルム資料を所蔵。国文学研究者の共同研究施設として国際セミナー開催などの活動も行なう。展示室は一般に公開。2004年,大学共同利用機関法人である人間文化研究機構の一組織となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくぶんがくけんきゅう‐しりょうかん〔コクブンガクケンキウシレウクワン〕【国文学研究資料館】

日本文学に関する文献その他の資料の調査研究・収集・整理および保存を行う大学共同利用機関人間文化研究機構に所属。昭和47年(1972)設立。東京都立川市に所在。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国文学研究資料館【こくぶんがくけんきゅうしりょうかん】

東京都立川市にある国立の研究施設。1972年,国立大学共同利用機関として設立。国文学の研究論文を収集分類して年刊の《国文学論文目録》を発行し,海外を含む各地の写本・版本をマイクロフィルム化し,年刊の《マイクロ資料目録》を発行して利用者に提供している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくぶんがくけんきゅうしりょうかん【国文学研究資料館】

国文学に関する文献その他の資料の調査研究・収集などを行う大学共同利用機関。文部省史料館を組み入れて1972年(昭和47)創設。2004年(平成16)大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館に移行。東京都品川区にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国文学研究資料館
こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

大学共同利用機関法人人間文化研究機構の構成機関。1972年(昭和47)に国立の機関として設立され、2004年(平成16)法人化。たび重なる災害(震災・戦災・風水害等)の経験から、日本古典文学の研究資料(諸伝本)をマイクロフィルムの形で保存する施設「国文学研究資料センター」として1960年代から構想され、国文学関係の諸学会あげての要望が実現したもの。その過程で、研究資料の保存とともに利用をも図り、研究情報(雑誌・紀要・図書等)の収集保存・利用も行い、以上すべての情報処理をコンピュータで行うことも意図されて、実施している。東京都立川市緑町(みどりちょう)にある。[福田秀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国文学研究資料館の関連キーワード奈良屋茂左衛門(4代)文書館(ぶんしょかん)国立国文学研究資料館国立歴史民俗博物館共同利用研究所東京都品川区文部省史料館西下 経一品川(区)文学資料館立川(市)市古 貞次アカデミー国立史料館福田秀一松田 修日本文学佐竹昭広児玉空々市町村制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国文学研究資料館の関連情報