コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国文学研究資料館 こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

5件 の用語解説(国文学研究資料館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国文学研究資料館
こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

国文学の文献センター東京都品川区豊町所在。 1972年文部省史料館を統合し設立。初代館長市古貞次江戸時代までの古典籍の調査,収集,および研究文献の収集,整理を行なっている。原本のほか,現在3万点以上のマイクロフィルム資料を所蔵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくぶんがくけんきゅう‐しりょうかん〔コクブンガクケンキウシレウクワン〕【国文学研究資料館】

日本文学に関する文献その他の資料の調査研究・収集・整理および保存を行う大学共同利用機関人間文化研究機構に所属。昭和47年(1972)設立。東京都立川市に所在。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国文学研究資料館【こくぶんがくけんきゅうしりょうかん】

東京都立川市にある国立の研究施設。1972年,国立大学共同利用機関として設立。国文学研究論文を収集分類して年刊の《国文学論文目録》を発行し,海外を含む各地の写本・版本をマイクロフィルム化し,年刊の《マイクロ資料目録》を発行して利用者に提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こくぶんがくけんきゅうしりょうかん【国文学研究資料館】

国文学に関する文献その他の資料の調査研究・収集などを行う大学共同利用機関。文部省史料館を組み入れて1972年(昭和47)創設。2004年(平成16)大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館に移行。東京都品川区にある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国文学研究資料館
こくぶんがくけんきゅうしりょうかん

大学共同利用機関法人人間文化研究機構の構成機関。1972年(昭和47)に国立の機関として設立され、2004年(平成16)法人化。たび重なる災害(震災・戦災・風水害等)の経験から、日本古典文学の研究資料(諸伝本)をマイクロフィルムの形で保存する施設「国文学研究資料センター」として1960年代から構想され、国文学関係の諸学会あげての要望が実現したもの。その過程で、研究資料の保存とともに利用をも図り、研究情報(雑誌・紀要・図書等)の収集保存・利用も行い、以上すべての情報処理コンピュータで行うことも意図されて、実施している。東京都立川市緑町(みどりちょう)にある。[福田秀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国文学研究資料館の関連情報