コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際社会保障憲章 こくさいしゃかいほしょうけんしょうSocial Security Charter

1件 の用語解説(国際社会保障憲章の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいしゃかいほしょうけんしょう【国際社会保障憲章 Social Security Charter】

世界労連(WFTU)が1961年の第5回大会(モスクワ)で採択した社会保障憲章社会保障の国際基準には1952年にILO(国際労働機関)総会が採択した〈社会保障の最低基準に関する条約(102号条約)〉があるが,世界労連は,その直後〈国際理論のために最低基準を採択する〉よりも〈戦争経済の脅威にさらされている既存の社会保障制度を維持するほうがたいせつ〉と,これを批判し,ILOの同総会が審議を予定していた〈社会保障の高度基準〉案を見送ったことにも不満であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国際社会保障憲章の関連キーワード朝鮮映画サイヤン国際自由労連サイヤン産別会議世界労連IFTU民主化同盟弘田三枝子倍賞千恵子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone