国際観光旅客税(読み)こくさいかんこうりょきゃくぜい

知恵蔵miniの解説

国際観光旅客税

日本からの出国時に外国人、日本人を問わず課される国税。検討段階では「観光促進税」と呼ばれていたが、名称を変更し、2018年度の税制改正大綱に盛り込まれた。19年1月7日から導入される。2歳未満の子どもと、海外から到着して24時間以内に出国する乗り継ぎ客を除き、1人1回1000円を航空機船舶チケットが発券される際に代金に上乗せして徴収する。税収は出入国手続きの円滑化や地域観光資源の整備などの観光関連の政策財源に充てられる。

(2017-12-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際観光旅客税の関連情報