コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際調停 こくさいちょうてい international conciliation

4件 の用語解説(国際調停の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際調停
こくさいちょうてい
international conciliation

第三者的な調停委員会が,紛争当事国をあらゆる点から審査して紛争の解決条件を提示し,国際紛争を平和的に解決する手続の一種。第三者の介入が調停条約によって組織化されている点で居中調停 (→仲介 ) と異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ちょうてい〔‐テウテイ〕【国際調停】

第三者が紛争当事国間の主張の調和を図り、紛争を平和的に解決させようとする手続き。特に、国際調停委員会による調停をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際調停【こくさいちょうてい】

国際紛争の解決に際して当事者間の外交交渉が不調に終わった場合,第三者たる国際機関当事者間の交渉を助けあるいは事実審査,解決条件の勧告などをして積極的に当事者間の和解を図る手段。
→関連項目強制調停調停

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こくさいちょうてい【国際調停】

紛争当事国間の合意に基づき設置された中立的な国際調停委員会が、紛争を審理し、解決条件を提示して、紛争の平和的解決を図る手続き。ただし、解決策は法的拘束力を持たない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際調停の言及

【調停】より

…また,市町村の境界に関する争いについては,関係市町村の申請に基づき知事が調停する手続がある(9条1項)。【小高 剛】
[国際調停]
 独立の第三者が国際紛争の争点を審査し,紛争当事国の主張の接近をはかり,必要な場合には適当と認める紛争解決条件を当事国に勧告して紛争を処理する手続。国際調停の制度は,おもに第1次大戦後に発展したものであり,裁判と異なり必ずしも法を基準とすることを必要とせず,非政治的かつ中立的な性格をもつ国際調停委員会の審査結果や紛争解決条件の勧告は当事国を法的に拘束する効力をもたない。…

※「国際調停」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際調停の関連キーワード国籍裁判官仲裁裁判調停和解PKO五原則紛争審WTOの紛争解決制度ジュネーブ条約追加第1議定書国連平和維持活動(PKO)噯∥扱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際調停の関連情報