コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際調停 こくさいちょうていinternational conciliation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際調停
こくさいちょうてい
international conciliation

第三者的な調停委員会が,紛争当事国をあらゆる点から審査して紛争の解決条件を提示し,国際紛争を平和的に解決する手続の一種。第三者の介入が調停条約によって組織化されている点で居中調停 (→仲介 ) と異なる。第1次世界大戦後の多くの調停条約あるいは裁判調停条約に採用されている国際紛争平和的処理一般議定書によれば,通常5人から成る常設国際調停委員会は,当事国の付託により事実審査,当事国の主張の調整,当事国への解決条件の提示を行う。しかし,この解決条件の提示は勧告であって,法的拘束力をもたない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ちょうてい〔‐テウテイ〕【国際調停】

第三者が紛争当事国間の主張の調和を図り、紛争を平和的に解決させようとする手続き。特に、国際調停委員会による調停をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国際調停【こくさいちょうてい】

国際紛争の解決に際して当事者間の外交交渉が不調に終わった場合,第三者たる国際機関が当事者間の交渉を助けあるいは事実審査,解決条件の勧告などをして積極的に当事者間の和解を図る手段。
→関連項目強制調停調停

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいちょうてい【国際調停】

紛争当事国間の合意に基づき設置された中立的な国際調停委員会が、紛争を審理し、解決条件を提示して、紛争の平和的解決を図る手続き。ただし、解決策は法的拘束力を持たない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国際調停の言及

【調停】より

…また,市町村の境界に関する争いについては,関係市町村の申請に基づき知事が調停する手続がある(9条1項)。【小高 剛】
[国際調停]
 独立の第三者が国際紛争の争点を審査し,紛争当事国の主張の接近をはかり,必要な場合には適当と認める紛争解決条件を当事国に勧告して紛争を処理する手続。国際調停の制度は,おもに第1次大戦後に発展したものであり,裁判と異なり必ずしも法を基準とすることを必要とせず,非政治的かつ中立的な性格をもつ国際調停委員会の審査結果や紛争解決条件の勧告は当事国を法的に拘束する効力をもたない。…

※「国際調停」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際調停の関連キーワードバトラー(Nicholas Murray Butler)パシー(Frédéric Passy)エストゥールネイユ・ド・コンスタンエストゥールネル・ド・コンスタンK.P. アルヌルドソンフレデリック パシーアルヌルドソンノックス条約チャコ戦争有田八郎国際裁判パシー合意仲裁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android