コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐国蠧簡集 とさのくにとかんしゅう

2件 の用語解説(土佐国蠧簡集の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

土佐国蠧簡集【とさのくにとかんしゅう】

土佐国内に伝存した中世文書を集めた編年体の史料集。成立は1725年頃,編者は谷重遠(たにしげとお)の高弟で土佐藩士の奥宮正明(おくみやまさあき)。1151年から,長宗我部(ちょうそかべ)氏が滅亡し山内氏が入部する1600年−1603年に至る,古文書932点・金石文・棟札類・系図等を全9巻に収め,8・9巻は一部を除き無年号のものを収録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とさのくにとかんしゅう【土佐国蠧簡集】

土佐国内に伝存した古文書の集成。編者は土佐藩士奥宮正明(?‐1726)。1151年(仁平1)に始まり,長宗我部氏と山内氏の交替期の1600‐03年(慶長5‐8)をもって終わる。全9巻。932点の古文書,金石文,棟札,系図等を年代順に収録する。第8,9巻は一部を除き無年号。1紙ごとに所蔵者とその所蔵点数を明記し,正明自身の簡潔,的確な考証,解説が〈按〉として加えられている例も少なくない。奥宮正明は谷重遠の高弟で,藩の検見役,代官役を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土佐国蠧簡集の関連キーワード請文御内書古文書古文書学紙背文書袖判大日本古文書案文裏文書紺土佐

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone