コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地分類 とちぶんるいland classification

世界大百科事典 第2版の解説

とちぶんるい【土地分類 land classification】

土地をその等質性に基づいて区分すること。1930年ころから欧米を中心に土地の自然的生産力の差異に着目し,それに基づいて合理的な土地利用を行うことについて必要性が生じ関心が向けられるようになり,以来,農学者や地理学者によって区分方法が考えられてきた。土地分類は一つの指標あるいは複数の組合せによる指標を用い,その等質性によって土地単位を設定し,成果は具体的には地図上に表現し,土地単位の内容が分類体系に基づいて解説されることが必要である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

土地分類の関連キーワード土地を知るには密度分布図土地分類図国土調査法スタンプ土壌図

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android