土方 久元(読み)ヒジカタ ヒサモト

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

土方 久元
ヒジカタ ヒサモト


肩書
宮内相,農商務相,国学院大学学長

別名
通称=楠左衛門 大一郎 変名=南 大一郎 号=秦山

生年月日
天保4年10月16日(1833年)

出生地
土佐国土佐郡秦泉寺村(高知県)

経歴
文久元年武市半平太の土佐勤王党に参加、尊攘運動に投じた。3年8.18の政変で三条実美ら七卿落ちに従い西下。のち倒幕運動に走り中岡慎太郎らと藩長連合実現に尽力。維新後徴士、江戸府判事、鎮将府弁事を経て、明治4年太政官出任。のち内務大輔、内閣書記官長、元老院議官、宮中顧問官を経て、20年農商務大臣、次いで宮内大臣、枢密顧問官兼任となった。31年辞任し、のち帝室制度取調局総裁、国学院大学長、東京女学館長などを務めた。明治28年伯爵。著書に「回天実記」(全2巻)がある。

没年月日
大正7年11月4日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android