コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地体 ジタイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐たい〔ヂ‐〕【地体】

[名]根本的なこと。本質。根源。
「何だか―は更にわからぬ」〈二葉亭浮雲
[副]もともと。そもそも。元来。自体。
「―欲には目のない輩(てあい)のこと」〈荷風腕くらべ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じたい【地体】

[1] ( 名 )
物本来の性質、基本。自体。 「是、芸能の-にして/九位」
地球。
[0] ( 副 )
自体 」に同じ。 「夜目で判然とは目に入らなんだが-何でも洞穴があると見える/高野聖 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地体の関連キーワードナウマン(Edmund Naumann)ハンス シュティレトリニダード[島]ニコル・オレーム三波川‐秩父帯大カフカス山脈キクラデス諸島盛岡‐白河線三郡‐山口帯秋吉造山運動下染め・下染美濃‐丹波帯クライド湾飛騨外縁帯帷子 二郎北部北上帯吐か喇列島南部北上帯吉野[町]剃り下げる

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地体の関連情報