コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域保健法 ちいきほけんほう

2件 の用語解説(地域保健法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地域保健法【ちいきほけんほう】

1994年に半世紀ぶりに保健所法が改正され,地域保健法と改称された。この法律によって厚生省は〈地域保健対策に関する基本的な指針〉を策定し,保健所に関しては地域保健の広域的,専門的,技術的拠点としての機能を強化するとともに,保健・医療・福祉の連携促進のために,所管区域の見直しを行うこととした。
→関連項目精神保健・福祉法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地域保健法
ちいきほけんほう

保健所法の新名称。1994年(平成6)6月の改正で変更になった。地域保健対策の推進に関する基本指針、保健所の設置その他地域保健対策の推進に関し基本となる事項を定めることにより、母子保健法その他の地域保健対策に関する法律による対策が地域において総合的に推進されることを確保し、地域住民の健康の保持および増進に寄与することを目的としている。具体的には、保健センターを全市町村に拡大し、従来保健所と市町村がそれぞれ提供してきた地域保健サービス一元化し、市町村保健センターが実施するようにした。また、これからの地域保健のあり方として、(1)生活者を重視、(2)身近な保健行政は市区町村へ移す、(3)保健所の位置づけを新たに行い機能を強化、(4)地域保健マンパワーを強化、などをはかることとしている。
 2000年3月に「健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)」が策定され、2010年を目ざして健康づくり運動が始まった。その基本方針は一次予防の重視である。さらに2002年8月には「旧・栄養改善法」を引き継いだ「健康増進法」が制定され、生活習慣病を防ぐための栄養改善だけでなく、運動や飲酒・喫煙などの生活習慣の改善を通して健康増進を図る考えに立った保健活動を展開することとなった。さらに2005年から「健康フロンティア戦略」が進められてきたが、2007年からはそれをさらに発展させる「新・健康フロンティア戦略」を10か年計画として発足させた。こうした健康づくりの流れのなかで現在最も重視されているのが「肥満」であり、今後の生活習慣病対策の中核は「メタボリックシンドローム」対策である。このため、2007年4月には地域保健を含む保健指導対策の効果的・効率的な実施のために健診データを有効的に活用する保健指導内容を柱とした「標準的な健診・保健指導プログラム」を定め、2008年から開始した医療制度改革大綱に盛り込んだ。[吉川武彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域保健法の関連キーワード看護婦保健所履修証明ブリニ栄養相談保健所政令市保険の自由化看護師と保健師国民の休日シューマン, クララ:行進曲 変ホ長調/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone