コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ざ【坐】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ザ(呉) [訓]すわる います
すわる。「坐臥(ざが)坐禅坐像跪坐(きざ)静坐
すわる所。「坐席」
いながらにして。何もせずに。「坐視
かかわり合いになる。「連坐
[補説]もと、「坐」は主にすわる動作に、「座」はすわる場所に用いた。新表記では「座」に書き換える。
[難読]胡坐(あぐら)憑坐(よりまし)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

坐の関連キーワード大阪府大阪市中央区久太郎町坐摩神社(ざまじんじゃ)奈良県磯城郡田原本町藏堂高知県宿毛市平田町戸内奈良県大和高田市片塩町差し代わる・差し代る滋賀県大津市西の庄長野県千曲市雨宮天河大弁財天社座法・坐法単座・単坐半跏趺坐のめずる三角 寛四種三昧粟鹿神社結跏趺坐アーサナ盞結ひ殯の宮

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坐の関連情報