堤宝山流(読み)つつみほうさんりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堤宝山流
つつみほうさんりゅう

近世柔術の一流派。もと堤宝山流平法(へいほう)といい、剣、槍(やり)、和良(やわら)、棒、捕縄、鎖鎌(くさりがま)などの諸術を含む総合的武術であった。流祖の堤山城守宝山(やましろのかみほうさん)(法讃、法参とも)は足利義持(あしかがよしもち)のころの人で、下野(しもつけ)国芳賀(はが)郡(栃木県)の守護職を勤め、小具足(こぐそく)の達人であったと伝え、のちに鎌倉の僧慈音(じおん)(一説に中条兵庫助(ひょうごのすけ)とも)に巡り会って念流に傾倒し、とくに鎧組(よろいぐみ)に精妙を得、その高弟十四哲の一人に数えられるに至ったという。同流の系図によれば、その主流は宝山から箱根権現(ごんげん)別当・伊豆の土肥相模守(といさがみのかみ)を経て、西伝して京都六角堂の長尾豪祐(ながおごうすけ)に至り、さらに備後(びんご)宇野から作州津山に入り、浅田権之丞(8代)、田中一超(10代)らを出し、1698年(元禄11)森家の改易後は岡山藩に伝えられた。岡山藩三上元龍の『撃剣叢談(そうだん)』(「武術双書」所収)にこの流儀を詳しく紹介しているのは、著者の実見によるもので、この時代には鎧組より剣術中心に改編されたことがよくわかる。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つつみほうざん‐りゅう ‥リウ【堤宝山流】

〘名〙 柔術の一派。念流の開祖念阿彌慈恩の高弟で下野国(栃木県)芳賀郡の守護職、堤山城守宝山を元祖とする。〔武術流祖録(1843)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android