コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化チタン えんかチタンtitanium chloride

世界大百科事典 第2版の解説

えんかチタン【塩化チタン titanium chloride】

酸化数II,III,IVの化合物が知られている。
塩化チタン(II)]
 化学式TiCl2。塩化チタン(IV)TiCl4を水素と混合し,低無電極放電で還元すると得られる暗赤褐色粉末。比重3.13。空気中,水,エチルアルコールなどで分解する。酸化されやすい。
[塩化チタン(III)]
 無水和物TiCl3と水和物が知られている。TiCl3は,TiCl4を650℃で過剰の水素によって還元すると得られる潮解性の紫色結晶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩化チタンの関連キーワードインテルサットAMD-K6-IIIアンギオテンシンTruePicグライ土ILS計器着陸装置アレルギー化合物半導体化合物半導体

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone