コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化チタン えんかチタンtitanium chloride

世界大百科事典 第2版の解説

えんかチタン【塩化チタン titanium chloride】

酸化数II,III,IVの化合物が知られている。
[塩化チタン(II)]
 化学式TiCl2。塩化チタン(IV)TiCl4を水素と混合し,低無電極放電で還元すると得られる暗赤褐色粉末。比重3.13。空気中,水,エチルアルコールなどで分解する。酸化されやすい。
[塩化チタン(III)]
 無水和物TiCl3と水和物が知られている。TiCl3は,TiCl4を650℃で過剰の水素によって還元すると得られる潮解性の紫色結晶。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塩化チタンの関連キーワードツィーグラー(Karl Ziegler)ナッタ(Giulio Natta)ツィーグラー‐ナッタ触媒ウィリヘルム クロールトリエチルアルミニウムカール ツィーグラーエチルアルコールチタンホワイトチタン(元素)チーグラー触媒ポリプロピレンチタン精錬業ポリエチレンチーグラー硫酸チタンクロール法スチルベン酸化チタン防炎材料チタン白

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android