コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化マンガン えんかマンガンmanganese chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化マンガン
えんかマンガン
manganese chloride

酸化数 2,3,4の化合物があるが,おもに塩化マンガン(II)MnCl2をさし,一般には二塩化マンガンという。無水物のほかに 2,4,6水和物が知られている。2水和物はやや潮解性のばら赤色の結晶。4水和物もばら赤色の結晶であるが,6水和物はほとんど無色の結晶である。無水和物,4水和物は水,アルコール可溶。4水和物は染色顔料,電池用二酸化マンガンの原料,亜麻仁油を使うペンキや印刷用インキの乾燥剤,有機物塩素化の触媒などに使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化マンガン
えんかまんがん
manganese chloride

マンガンと塩素の化合物。酸化数の化合物が普通に知られている。
(1)塩化マンガン()(二塩化マンガン) 無水塩は、金属と塩素の反応や、金属、酸化物、炭酸塩に塩化水素を作用させて得られる。潮解性の淡赤色結晶。水100グラムに77.2グラム溶ける(25℃)。エタノールに溶ける。水溶液から淡赤色の四水和物MnCl24H2Oの結晶が得られる。四水和物は赤色結晶。比重2.01。水100グラムに256グラム溶ける(30℃)。エタノールに溶ける。四水和物は、塩素化の触媒、ペンキ、印刷インキの乾燥剤、顔料、電池用二酸化マンガンの原料などに用いられる。二価マンガンには種々のクロロ錯体(MnCl3-、MnCl42-、MnCl64-など)が知られている。
(2)塩化マンガン()MnCl3は酢酸マンガン()に-100℃で塩化水素を反応させて得られる黒色粉末で熱的に不安定。零下45℃を超えると分解する。塩化マンガン()の濃塩酸溶液に塩素を通して得られる褐色溶液には三価マンガンのクロロ錯体(MnCl52-など)が含まれている。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

塩化マンガンの関連キーワード塩化マンガン(データノート)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android