コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化マンガン えんかマンガン manganese chloride

2件 の用語解説(塩化マンガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化マンガン
えんかマンガン
manganese chloride

酸化数 2,3,4の化合物があるが,おもに塩化マンガン(II)MnCl2をさし,一般には二塩化マンガンという。無水物のほかに 2,4,6水和物が知られている。2水和物はやや潮解性のばら赤色の結晶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化マンガン
えんかまんがん
manganese chloride

マンガンと塩素の化合物。酸化数の化合物が普通に知られている。
(1)塩化マンガン()(二塩化マンガン) 無水塩は、金属と塩素の反応や、金属、酸化物、炭酸塩に塩化水素を作用させて得られる。潮解性の淡赤色結晶。水100グラムに77.2グラム溶ける(25℃)。エタノールに溶ける。水溶液から淡赤色の四水和物MnCl24H2Oの結晶が得られる。四水和物は赤色結晶。比重2.01。水100グラムに256グラム溶ける(30℃)。エタノールに溶ける。四水和物は、塩素化の触媒、ペンキ、印刷インキの乾燥剤、顔料、電池用二酸化マンガンの原料などに用いられる。二価マンガンには種々のクロロ錯体(MnCl3-、MnCl42-、MnCl64-など)が知られている。
(2)塩化マンガン()MnCl3は酢酸マンガン()に-100℃で塩化水素を反応させて得られる黒色粉末で熱的に不安定。零下45℃を超えると分解する。塩化マンガン()の濃塩酸溶液に塩素を通して得られる褐色溶液には三価マンガンのクロロ錯体(MnCl52-など)が含まれている。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化マンガンの関連キーワード酸化ニッケル水酸化クロム炭素化合物土類金属付加反応硫化モリブデン酸化クロムエノール化熱酸化異常酸化数

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone