コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨塗(読み)スミヌリ

デジタル大辞泉の解説

すみぬり【墨塗】

狂言。大名と別れる女が水を目につけて泣くまねをするので、太郎冠者が水をに入れ替えると女の目の縁が真っ黒になる。

すみ‐ぬり【墨塗(り)】

墨を塗ること。
墨付け正月」に同じ。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すみぬり【墨塗】

狂言の曲名。大名狂言。大蔵,和泉両流にある。訴訟のため都に滞在していた大名が,無事解決し帰郷するに際し,在京中なじんだ女のところへ別れを告げに行く。女は悲しげに泣くが,実は鬢水(びんみず)入れの水で目をぬらして涙と見せかけていたのである。それに気づいた太郎冠者は,水を墨に取りかえておく。それと知らぬ女がなおも墨を目の下に塗って泣くので,その顔を見た大名は初めて女の心を知り,恥をかかせようと,形見に鏡を与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すみぬり【墨塗】

狂言の一。遠国の大名が帰国に際し、なじみの女のもとへ別れを言いに行く。女が水で目をぬらして涙のようにみせかけているのを見た太郎冠者は、水を墨と取りかえる。女はそれともしらず、墨を塗って真っ黒になる。墨塗女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨塗
すみぬり

狂言の曲名。大名狂言。領地争いの訴訟のため都に長期滞在していた大名(シテ)が、万事解決したので国元に帰ることになる。太郎冠者(かじゃ)を伴ってなじみになった女のところへ別れをいいに行くが、女は嘆き悲しみ、大名はその心根についほだされる。ところが、それは側に置いた水をしきりに顔につけるうそ涙。気づいた冠者が水を墨に取り替えておくと、それとは知らぬ女はしきりにうそ涙をつけてかきくどく。真っ黒になった顔を見て大名はびっくり仰天、別れの印だといって鏡を渡す。鏡に映った自分の顔を見て女は怒り心頭、2人の顔に墨を塗り付け追い込む。
 別れ話をめぐる、男の身勝手さと女の打算が、爆笑喜劇のうちにともどもに露呈する。歌舞伎(かぶき)舞踊『墨塗女』(常磐津(ときわず)・1907初演)はこれによったもの。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

墨塗の関連情報