コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売(り)込む ウリコム

デジタル大辞泉の解説

うり‐こ・む【売(り)込む】

[動マ五(四)]
上手に説明をして買う気持ちを起こさせ、商品を売る。販路を広げる。「新製品を―・む」
うまく働きかけて、相手に認められ信用を得る。「志望する会社に自分を―・む」
金品を受ける約束で、進んで人に秘密などを知らせる。「情報を―・む」
(商品先物取引、株式市場などで)勢いづいて売る。大量に売る。また、じっくり腰を据えて売る。「機関投資家が積極的に―・む」「金融株が―・まれた」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

売(り)込むの関連キーワード三角貿易金品

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android