コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売る ウル

2件 の用語解説(売るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う・る【売る】

[動ラ五(四)]
代金と引き換えに品物や権利などを相手に渡す。「商品を―・る」「土地を―・る」⇔買う
自分のことを世間に知られるようにする。また、有名になる。「顔を―・る」「名を―・る」「味で―・る店」
自分の利益のために、味方を裏切って敵の利益のために働く。「仲間を―・る」「国を―・る」
相手に行動させるよう仕掛ける。また、押しつける。「恩を―・る」
別の目的に利用する。口実にする。
「ぬけ参りの者に御合力と、御伊勢様を―・りて」〈浮・永代蔵・二〉
[可能]うれる
[動ラ下二]う(売)れる」の文語形。
[下接句]油を売る男を売る恩を売る顔を売る国を売る喧嘩(けんか)を売る媚(こび)を売る名を売る情けを売る身を売る羊頭(ようとう)を掲げて狗肉(くにく)を売る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うる【売る】

( 動五[四] )
代金と引き換えにものや権利を他人に渡す。 ↔ 買う 「土地を-・る」 「切符を-・る」
自分の利益のために裏切る。 「国を-・る」 「仲間を-・る」
自分が他人によく知られるようにする。 「顔を-・る」 「名前を-・る」
しかける。押しつける。 「けんかを-・る」 「恩を-・る」
代金を受け取って、異性に身をまかせる。 「体を-・る」
口実にする。かこつける。 「ぬけ参りに御合力ごこうりよくと御伊勢様を-・りて/浮世草子・永代蔵 2
[可能] うれる
( 動下二 )
うれる
[慣用] 油を- ・男を- ・喧嘩を- ・媚こびを- ・名を- ・身を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

売るの関連キーワード普通送金為替現品直稲食券普通為替身売り身の代金代金引換郵便引換え引換払い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

売るの関連情報