コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売る ウル

2件 の用語解説(売るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う・る【売る】

[動ラ五(四)]
代金と引き換えに品物や権利などを相手に渡す。「商品を―・る」「土地を―・る」⇔買う
自分のことを世間に知られるようにする。また、有名になる。「顔を―・る」「名を―・る」「味で―・る店」
自分の利益のために、味方を裏切って敵の利益のために働く。「仲間を―・る」「国を―・る」
相手に行動させるよう仕掛ける。また、押しつける。「恩を―・る」
別の目的に利用する。口実にする。
「ぬけ参りの者に御合力と、御伊勢様を―・りて」〈浮・永代蔵・二〉
[可能]うれる
[動ラ下二]う(売)れる」の文語形。
[下接句]油を売る男を売る恩を売る顔を売る国を売る喧嘩(けんか)を売る媚(こび)を売る名を売る情けを売る身を売る羊頭(ようとう)を掲げて狗肉(くにく)を売る

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うる【売る】

( 動五[四] )
代金と引き換えにものや権利を他人に渡す。 ↔ 買う 「土地を-・る」 「切符を-・る」
自分の利益のために裏切る。 「国を-・る」 「仲間を-・る」
自分が他人によく知られるようにする。 「顔を-・る」 「名前を-・る」
しかける。押しつける。 「けんかを-・る」 「恩を-・る」
代金を受け取って、異性に身をまかせる。 「体を-・る」
口実にする。かこつける。 「ぬけ参りに御合力ごこうりよくと御伊勢様を-・りて/浮世草子・永代蔵 2
[可能] うれる
( 動下二 )
うれる
[慣用] 油を- ・男を- ・喧嘩を- ・媚こびを- ・名を- ・身を-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

売るの関連情報