外翅類(読み)がいしるい(英語表記)Exopterygota

大辞林 第三版の解説

がいしるい【外翅類】

昆虫類中、不完全変態をする一群の総称。蛹さなぎの時期がなく、若虫から成虫になる。若虫では将来はねになる部分が外に現れているのでこの名がある。カゲロウ・トンボ・バッタ・ゴキブリなど。不完全変態類。半変態類。 ⇔ 内翅類

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外翅類
がいしるい

有翅(ゆうし)亜綱に属する昆虫のうち、幼虫期にはねの原基(翅芽(しが))が背部に露出するものの総称。日本では不完全変態類とよばれることが多く、完全変態を行う内翅類に対する呼称。この類では幼虫の形が成虫と比較的似ており、発育が進むにつれ胸の後端から腹部の上に片状のはねが伸びてくる。幼虫期の終わりになると背面の皮が縦に裂けて成虫が現れ、はねは急速に広がる。幼虫の食性や習性も成虫に似ることが多い。ここに含まれる昆虫はカゲロウ、トンボ、カワゲラ、ゴキブリ、カマキリ、シロアリ、シロアリモドキ、ハサミムシ、バッタ、キリギリス、コオロギ、ナナフシ、ガロアムシ、シラミ、ハジラミ、アザミウマ、チャタテムシ、セミ、アブラムシ、カメムシの類である。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がいし‐るい グヮイシ‥【外翅類】

〘名〙 トンボ、バッタなど不完全変態をする昆虫の総称。幼虫はさなぎの過程を経ないので、成長すると幼虫としての発育中にはねが外に現われる。不完全変態類。半変態類。古翅類。⇔内翅類

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android