コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多発神経炎

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多発神経炎
たはつしんけいえん

いろいろな原因によって末梢(まっしょう)神経が同時に対称的に障害される病気。原因としては、ジフテリアのような細菌毒素、アルコールや鉛、ヘキサンのような中毒性物質によるものをはじめ、糖尿病のような代謝異常による場合、脚気(かっけ)のようなビタミン欠乏による場合、レフサム病のような先天性脂質代謝異常によって遺伝的に現れる場合などのほかに、原因不明ではあるが、おそらくなんらかのウイルス感染が推定される場合や、自己免疫異常によってアレルギー性神経障害をおこすものもある。ギラン‐バレー症候群(特定疾患)は原因不明の急性ないし亜急性多発神経炎で、四肢末端から始まる四肢筋の筋力低下、温痛覚や触覚の鈍麻が徐々に進行するもので、四肢のみならず顔面神経の麻痺(まひ)がみられることも少なくない。多くは感冒様症状、すなわち軽い発熱や下痢などが先行し、1週間ないし10日目ころから神経障害が現れてくるのが通例である。
 多発神経炎の症状としては、四肢の末端から始まる筋力低下と感覚鈍麻であるが、そのほか発汗異常、起立性低血圧、膀胱(ぼうこう)・直腸障害など自律神経の麻痺を示す場合もあり、アミロイド神経炎では自律神経障害が早くから現れてくるのが特徴とされている。神経炎といっても炎症をおこしている病変ではなく、末梢神経を包んでいる髄鞘(ずいしょう)に病変がみられる場合と、軸索に病変が認められるとする場合とがある。検査では末梢神経の伝導速度の低下がみられ、神経の生検により病変の性格の違いが確かめられる。治療としては、ビタミンの服用およびステロイド剤の併用などが試みられている。また、リハビリテーションによる機能回復訓練も有効である。[里吉営二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多発神経炎の言及

【神経炎】より

…狭義には神経の炎症であるが,実際上神経障害の原因は必ずしも明らかでないため,原因にかかわらず末梢神経障害neuropathyと同義に用いられることが多い。神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経の障害),(2)多発性単神経炎(2本以上の神経の障害),(3)多発神経炎(左右対称性で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。症状は,障害神経の支配領域の運動障害(運動麻痺,運動失調,筋萎縮),感覚障害(表在・深部感覚低下,異常感覚),自律神経障害(皮膚粗造,発汗障害,潰瘍形成など)が単独あるいは種々の程度に組み合わされて認められる。…

※「多発神経炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多発神経炎の関連キーワードコルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー末梢神経障害(ニューロパチー)慢性炎症性脱髄性多発根神経炎全身性エリテマトーデスギラン‐バレー症候群ギランバレー症候群コルサコフ症候群アルコール中毒上行性脊髄麻痺自律神経失調症レフサム症候群筋萎縮症CIDP神経炎難病

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多発神経炎の関連情報