コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多面体図法 ためんたいずほうpolyhedric projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多面体図法
ためんたいずほう
polyhedric projection

経緯線を図郭とする地形図に用いる地図投影法。地球表面を定間隔の経緯線で区切り,区画ごとに区画線となる経線と緯線が正距な等脚台形になるように作図する方法。その区画の四隅を通る平面上に曲面の図形を正射影したものとする。隣接する図画ごとを逐次張りついでいけば多面体になるはずであることから,多面体図法という。 19世紀末,プロシアの軍用地形図に用いられていたので,プロシア図法ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

多面体図法【ためんたいずほう】

地図投影法の一つ。地球表面を等間隔の経線,緯線で区切り,こうしてできる台形状の小区画をこの区画に接する平面に,地球の中心に視点をおく投影法(心射図法)で投影する図法。
→関連項目地図投影法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多面体図法
ためんたいずほう
polyhedric projection

地図投影の一種。中縮尺以上の大きい縮尺の地形図などで、経緯線で区切られた区画(図郭)を地図ごとの表現範囲とした場合、各辺が対応する経線および緯線に対し距離が縮尺どおりに正しく表される正距となる等脚台形で表す図法。等脚台形の左右の辺のかわりに台形の高さ(中央経線)を正距としたものも含まれ、日本の旧版地形図はこれに相当する。地図内部の地点は、地図の図郭となる経緯線との経緯度差に応じて比例配分した位置に作図される。18世紀にプロシアの地形図作成に採用されて以来、20世紀中ごろまで世界中の地形図の標準的図法となっていた。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多面体図法の言及

【地図】より

…狭い地域の縮尺の比較的大きい地図では,上記のいずれの図法によっても実用上さしつかえないが,大縮尺図用の別の図法を用いるのが一般である。たとえば,国土地理院の1万分の1,2万5000分の1,5万分の1の地形図では,以前は多面体図法が用いられ,近年ではユニバーサル横メルカトル図法(UTM図法)が用いられている。多面体図法とは,図郭を構成する経緯線の四隅の点を含む平面に地表面を投影する図法である。…

※「多面体図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone