大入島(読み)おおにゅうじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大入島
おおにゅうじま

大分県南東部,佐伯湾湾奥にある佐伯市に属する。標高 200m以下の丘陵性の島で,入江が多く,9浦から成る。ミカン栽培のほか,サバやイワシ漁,ハマチ真珠養殖などの漁業を主とする。北東部は日豊海岸国定公園に属する景勝地面積 5.66km2人口 1197 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大入島

大分県佐伯市、豊後水道の面する佐伯湾に浮かぶ島。「おおにゅうじま」と読む。佐伯港の北約0.7キロメートルに位置する。面積約5.65平方キロメートル。島の形はひょうたん型で、くびれ部分に里の駅「大入島食彩館」がある。島北部の日向泊には神武天皇の伝説が残る井戸「神の井」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大入島
おおにゅうじま

大分県南東部、佐伯湾(さいきわん)奥にある島。佐伯市に属する。面積5.65平方キロメートル、最高点194メートル。平地に乏しく、海岸線は出入りに富む。1957年(昭和32)離島振興法適用。佐伯港から約2キロメートル、フェリーが通う石間(いしま)ほか8浦がある。ミカン栽培、サバ、アジ、イワシの漁獲、ハマチの養殖が主産業。東岸に白浜海水浴場、北東岸に、神武(じんむ)天皇東征のおり、弓で砂を掘り、水を得たという「神の井」がある。人口1022(2009)。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大入島の言及

【佐伯湾】より

…湾頭の番匠(ばんじよう)川河口の三角州には佐伯市の市街地が発達する。湾内には豊後水道西部最大の島,大入(おおにゆう)島(面積5.7km2)がある。日豊海岸国定公園に指定された風光明美なリアス海岸をもつが,佐伯市の工業化が進み,内湾の海面汚染が問題となった。…

※「大入島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大入島の関連情報