コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大入島 おおにゅうじま

2件 の用語解説(大入島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大入島
おおにゅうじま

大分県南東部,佐伯湾の湾奥にある島。佐伯市に属する。標高 200m以下の丘陵性の島で,入江が多く,9浦から成る。ミカン栽培のほか,サバやイワシ漁,ハマチや真珠の養殖などの漁業を主とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大入島
おおにゅうじま

大分県南東部、佐伯(さいき)湾奥にある島。佐伯市に属する。面積5.65平方キロメートル、最高点194メートル。平地に乏しく、海岸線は出入りに富む。1957年(昭和32)離島振興法適用。佐伯港から約2キロメートル、フェリーが通う石間(いしま)ほか8浦がある。ミカン栽培、サバ、アジ、イワシの漁獲、ハマチの養殖が主産業。東岸に白浜海水浴場、北東岸に、神武(じんむ)天皇東征のおり、弓で砂を掘り、水を得たという「神の井」がある。人口1022(2009)。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大入島の言及

【佐伯湾】より

…湾頭の番匠(ばんじよう)川河口の三角州には佐伯市の市街地が発達する。湾内には豊後水道西部最大の島,大入(おおにゆう)島(面積5.7km2)がある。日豊海岸国定公園に指定された風光明美なリアス海岸をもつが,佐伯市の工業化が進み,内湾の海面汚染が問題となった。…

※「大入島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大入島の関連キーワード佐伯佐伯湾佐伯[市]大分県佐伯市大手町大分県佐伯市上岡大分県佐伯市鶴谷町大分県佐伯市西浜大分県佐伯市長谷大分県佐伯市平大分県佐伯市脇

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大入島の関連情報