コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯湾 さいきわん

4件 の用語解説(佐伯湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐伯湾
さいきわん

大分県南東部,豊後水道にのぞむ湾。湾口の北に蒲戸崎 (かまどざき) ,南に鶴御崎大島があり,湾奥に大入島 (おおにゅうじま) のほか彦島,竹ヶ島などがある。九州山地の北東端が海にのぞむところで,リアス海岸が発達し,湾奥の番匠川下流の三角州上に佐伯市の中心市街地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいきわん【佐伯湾】

大分県南東部,豊後水道に面する湾の一つ。湾頭の番匠(ばんじよう)川河口の三角州には佐伯市の市街地が発達する。湾内には豊後水道西部最大の島,大入(おおにゆう)島(面積5.7km2)がある。日豊海岸国定公園に指定された風光明美なリアス海岸をもつが,佐伯市の工業化が進み,内湾の海面汚染が問題となった。汚染の少ない所では漁業が盛んで,ハマチ,真珠などの養殖も行われている。【勝目 忍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕佐伯湾(さいきわん)


大分県南東部、豊後(ぶんご)水道南西部の湾。北の蒲戸(かまど)崎と南の鶴御崎(つるみさき)沖の高手(たかて)島を湾口とする。湾口の両岬付近はリアス式沈降海岸で、日豊(にっぽう)海岸国定公園の景勝地。湾奥に大入(おおにゅう)島が浮かぶ。真珠・ワカメなどの養殖が盛ん。イワシ漁などの沿岸漁業行われる。湾奥の佐伯港は重要港湾で、セメント工場が立地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐伯湾
さいきわん

大分県南西部、豊後(ぶんご)水道西側のリアス式海岸の一湾。蒲戸(かまと)崎と鶴御(つるみ)崎の両半島に囲まれ、湾口の幅約10キロメートル、奥行15キロメートル。深さは湾口で40~70メートル。湾内は多数の小支湾に分かれ、湾口には大島(2009年人口226)、湾奥に大入島(おおにゅうじま)(同1022)があり、半農半漁の集落が点在。湾奥の佐伯港(葛(かずら)港)から四国の宿毛(すくも)へ航路を通じ、大入島の石間(いしま)にはフェリーボートが通う。湾内ではイワシ、シラスなどの漁獲が多い。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐伯湾の関連情報