コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内啓伍 おおうちけいご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内啓伍
おおうちけいご

[生]1930.1.23. 東京
[没]2016.3.9. 東京,大田
政治家。1951年に早稲田大学法学部を卒業後,右派日本社会党の政策審議会に入る。1960年の民主社会党民社党)結成に参画。政策審議会に入り,以後一貫して政策畑を歩む。党政審事務局長,党教宣局長を経て 1972年に理論誌『革新』の編集長となり,党の理論面での中心的存在になる。1976年衆議院議員総選挙で初当選し,1979年党政審会長。1985年塚本三郎委員長のもとで党書記長に就任するが,翌 1986年の総選挙で落選したため辞任。1990年の総選挙で返り咲き,永末英一委員長のあとを受けて党委員長に就任。それまでの社公民路線から自公民路線に変更して党の再生をはかったが,1993年自由民主党政権が崩壊すると野党連立に意欲を示し,細川連立内閣には民社党を代表して入閣,厚生大臣に就任した。1994年4月羽田連立内閣で再任,6月連立混乱の責任をとって党委員長を辞任。同 6月に内閣が総辞職した。当選 6回。その後,自民党に加わったが,1996,2000年の総選挙で落選し,政界を引退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内啓伍 おおうち-けいご

1930- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和5年1月23日生まれ。西村栄一にしたがい,昭和35年民社党の結成に参加。51年衆議院議員(当選6回)。平成2年党委員長。細川連立内閣,羽田(はた)連立内閣で厚相をつとめた。自由連合をへて,7年自民党にうつる。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大内啓伍の関連キーワード統一会派「改新」政治家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大内啓伍の関連情報