大岳・大嶽(読み)おおだけ

  • おおだけ おほ‥
  • たいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 高い山岳の頂上。高い山。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 比叡山の最高峰大比叡をいう。叡南岳(えなみがたけ)。たいがく。
※永久百首(1116)恋「比叡の山その大嶽はかくれねどなほ水のみは流れてぞふる」
[1] 〘名〙 大きな山。大山。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「妃啓曰、殿下恩深。庸妾侍寝常思千秋万歳。如磐石大岳
[2] 比叡山の主峰、大比叡(おおひえ)をいう。また、比叡山の別称。おおだけ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android