大悦(読み)たいえつ

精選版 日本国語大辞典「大悦」の解説

たい‐えつ【大悦】

〘名〙
① 非常に喜ぶこと。また、大きなよろこび。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「皇帝大悦して御茶をたまふ」 〔孟子‐離婁〕
② (「大」の字を分解すると「一」「人」となり一人悦ぶの意から)
(イ) 手淫をいう僧侶の隠語。〔かくし言葉の字引(1929)〕
(ロ) 男色をいう僧侶の隠語。〔随筆・麓の色(1768)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android