随喜(読み)ずいき

日本大百科全書(ニッポニカ)「随喜」の解説

随喜
ずいき

他人がいことをするのをみて、これに従い、ぶこと。『法華経(ほけきょう)』では、この経を聞いて喜し、教えを伝える功徳(くどく)を力説し、『大智度論(だいちどろん)』では、善を行った本人より、それを随喜した者のほうの功徳がまさっていると説いている。天台宗では滅罪の修行として懺悔(さんげ)する五悔(げ)の一つに数える。転じて、仏教の儀式に参列することをいう。さらに大喜びすることをいい、「随喜の涙を流す」などと用いられる。

[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「随喜」の解説

ずい‐き【随喜】

〘名〙
① 仏語。他人のなす善を見て、これにしたがい、喜びの心を生ずること。転じて、大喜びをすること。
※法華義疏(7C前)四「第二拠随喜功徳覓」
※霊異記(810‐824)中「王聞きて随喜し、坐より起ち長跪(ひざまづ)きて、拝して曰く」 〔法華経‐随喜功徳品〕
② (①から転じて) 法会などに参加、参列すること。
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「その日藤氏の殿ばら、かつはずいきのため、聴聞の故に残りなく集ひ給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「随喜」の解説

ずい‐き【随喜】

[名](スル)
仏語。他人のなす善を見て、これに従い、喜びの心を生じること。
ありがたく思い、大いに喜ぶこと。「随喜して迎える」
[類語]喜ぶ喜び歓喜狂喜驚喜欣喜雀躍有頂天うれしがる・喜悦する雀躍する小躍りする浮かれるはしゃぐ満悦愉悦祝い祝賀喜色歓心大悦恐悦法悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「随喜」の解説

随喜
ずいき

仏教用語。 (1) 人の善を見て,それに従い喜ぶこと。 (2) 天台の法華三昧を修習するときの5種の懺悔方法の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通「随喜」の解説

【随喜】ずいき

人の善根を喜んで帰依すること。

字通「随」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android