コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随喜 ずいき

4件 の用語解説(随喜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随喜
ずいき

仏教用語。 (1) 人の善を見て,それに従い喜ぶこと。 (2) 天台の法華三昧を修習するときの5種の懺悔方法の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ずいき【随喜】

( 名 ) スル
〘仏〙 他人のよいおこないを見て、心に歓喜を生じること。
心から喜び、ありがたがること。大喜びをすること。 「公卿等-して僧都になし給へり/宇治拾遺 2

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

随喜
ずいき

他人が善いことをするのをみて、これに従い、喜ぶこと。『法華経(ほけきょう)』では、この経を聞いて随喜し、教えを伝える功徳(くどく)を力説し、『大智度論(だいちどろん)』では、善を行った本人より、それを随喜した者のほうの功徳がまさっていると説いている。天台宗では滅罪の修行として懺悔(さんげ)する五悔(げ)の一つに数える。転じて、仏教の儀式に参列することをいう。さらに大喜びすることをいい、「随喜の涙を流す」などと用いられる。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

随喜の関連情報