コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随喜 ずいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随喜
ずいき

仏教用語。 (1) 人の善を見て,それに従いぶこと。 (2) 天台法華三昧を修習するときの5種の懺悔方法の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ずい‐き【随喜】

[名](スル)
仏語。他人のなす善を見て、これに従い、喜びの心を生じること。
ありがたく思い、大いに喜ぶこと。「随喜して迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいき【随喜】

( 名 ) スル
〘仏〙 他人のよいおこないを見て、心に歓喜を生じること。
心から喜び、ありがたがること。大喜びをすること。 「公卿等-して僧都になし給へり/宇治拾遺 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

随喜
ずいき

他人が善いことをするのをみて、これに従い、喜ぶこと。『法華経(ほけきょう)』では、この経を聞いて随喜し、教えを伝える功徳(くどく)を力説し、『大智度論(だいちどろん)』では、善を行った本人より、それを随喜した者のほうの功徳がまさっていると説いている。天台宗では滅罪の修行として懺悔(さんげ)する五悔(げ)の一つに数える。転じて、仏教の儀式に参列することをいう。さらに大喜びすることをいい、「随喜の涙を流す」などと用いられる。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

随喜の関連キーワード堤中納言物語宗論(狂言)日本霊異記座田重就往生講式御上神社五十展転随喜の涙ずいき題目踊仏語他人喜び功徳五悔明匠講式渇仰追賁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

随喜の関連情報