喜色(読み)きしょく

精選版 日本国語大辞典「喜色」の解説

き‐しょく【喜色】

〘名〙 うれしそうな顔つき。よろこぶ様子。→喜色満面。〔文明本節用集(室町中)〕
※御伽草子・二十四孝(室町末)「双親開口笑、(キショク)庭閣」 〔孟子‐梁恵王・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喜色」の解説

き‐しょく【喜色】

うれしそうな顔つき。よろこんでいるようす。「喜色をあらわにする」
[類語]笑顔笑い顔恵比須顔にこにこ顔地蔵顔破顔朗色生色喜び満悦愉悦喜悦祝い祝賀歓喜歓心狂喜驚喜随喜大悦恐悦法悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「喜色」の解説

【喜色】きしよく

うれしそうな顔つき。〔史記、孔子世家〕定十四年、孔子年五十六、大司寇よりの事を行攝し、喜色り。

字通「喜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android