コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大来佐武郎 おおきたさぶろう

3件 の用語解説(大来佐武郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大来佐武郎
おおきたさぶろう

[生]1914.11.3. 中国,大連
[没]1993.2.9. 東京
エコノミスト。 1937年,東京大学工学部を卒業後,逓信省に入省。大東亜省を経て第2次世界大戦後,外務省調査局に転じる。戦後問題をテーマに会合を組織し,報告書「日本経済再建の諸問題」をまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大来佐武郎 おおきた-さぶろう

1914-1993 昭和-平成時代の官僚,経済学者。
大正3年11月3日中国大連生まれ。昭和22年経済安定本部(のち経企庁)調査課長。「経済白書」の執筆や所得倍増計画などの立案にあたった。38年総合開発局長で退官後は日本経済研究センター初代理事長,海外経済協力基金総裁。国際的エコノミストとして活躍した。54年第2次大平内閣外相。平成5年2月9日死去。78歳。東京帝大卒。
【格言など】専門分野以外には疎いというのは「知」のアンバランスであって威張れたことではない

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大来佐武郎
おおきたさぶろう
(1914―1993)

エコノミスト。中国、大連(だいれん)市生まれ。東京帝国大学工学部卒業。逓信(ていしん)省に入り、その後興亜院(後の大東亜省)で生産力の面から日本の戦争遂行能力を研究、敗戦は必至との結論を抱く。終戦直後、外務省技師として外務省特別調査委員会に参加、有沢広巳(ひろみ)ら代表的経済学者とともに『日本経済再建の基本問題』作成にかかわる。1947年(昭和22)経済安定本部調査課長となり『経済白書』の執筆の中心となる。1960年経済企画庁総合計画局長として所得倍増計画を策定。1979年大平正芳(まさよし)内閣の外相、また鈴木善幸(ぜんこう)内閣でも対外経済関係担当政府代表となる。初代国連大学学長も務めた。1993年2月9日没。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大来佐武郎の関連キーワード佐橋滋重田保夫鈴木貞敏角田達郎夏目晴雄松本作衛村松岐夫矢崎新二山本悟吉野良彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大来佐武郎の関連情報