コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興亜院 こうあいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興亜院
こうあいん

日中戦争の進展に伴って,対中国政策を一元的に統制指導するために設置された内閣直属機関。 1938年 12月,第1次近衛文麿内閣のもとで,外交を除く中国に対する政治,経済,文化政策の企画,執行,在中国会社業務の監督,行政事務の統一などを行なうため設置された。首相が総裁を,陸軍・海軍・大蔵外務大臣副総裁を兼任した。 1942年 11月,大東亜省の設立とともに廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうあ‐いん〔‐ヰン〕【興亜院】

《「興亜」はアジア諸国の勢いを盛んにすること》第一次近衛内閣の対中国政策の一環として昭和13年(1938)に発足した内閣直属機関。同17年、大東亜省設置により廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

興亜院【こうあいん】

日中戦争の長期化に伴う対中国政策一元化のため1938年第1次近衛文麿内閣外務省の反対を押し切って設置した内閣直属の機関。外交以外の対中国政策の樹立・調整・執行,在中国会社業務の監督を担当。総裁は首相,副総裁は外・蔵・陸・海の4相。中国各地に連絡部を置いた。1942年大東亜省に吸収廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうあいん【興亜院】

日中戦争長期化に伴い、1938年(昭和13)対中国政策一元化のために設置された内閣直属機関。42年大東亜省設置により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興亜院
こうあいん

1938年(昭和13)12月、第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の際に、対中国政策の一元的指導を図るため内閣に設置された機関。日中戦争の全面化に伴って陸軍は、対中国関係業務を統轄する中央機関の設立を提唱したが、外務省側は強く反対、宇垣一成(うがきかずしげ)外相は辞任するに至った。結局、外交を除く政治、経済、文化に関する政策の立案と事務処理を担う機関として興亜院は成立した。中央には総裁(首相)、副総裁(外、蔵、陸、海の四相)のもとに政務、経済、文化、技術の4部、現地には華北、華中など5か所に連絡部が置かれた。しかし、現地軍の特務機関が依然として政務の実権を握っており、興亜院業務の重点はもっぱら経済関係に置かれた。42年11月、大東亜省の設置に伴い廃止。[北河賢三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

興亜院の関連キーワード佐々木 義武大来 佐武郎鵜崎 多一本多 静雄大森 光彦吾孫子 豊大来佐武郎鈴木 貞一福島 要一国富 信一津田 静枝伊東 隆治内海 安吉小沢久太郎多田 武雄井上 晴丸柳川 平助那須 宗一石川 信吾松崎 寿和

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android