コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木善幸 すずきぜんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木善幸
すずきぜんこう

[生]1911.1.11. 岩手
[没]2004.7.19. 東京
政治家。 1935年水産講習所卒業,大日本水産会に入った。 1947年日本社会党から衆議院議員に初当選したが,1949年民主自由党に転じた。以後連続当選 14回 (1980) 。 1955年の自由民主党結成以来一貫して池田派,大平派に所属し,その幹部となった。 1960年池田内閣の郵政大臣,1964年官房長官。 1965年厚生大臣,1976年農林水産大臣を歴任。しばしば党総務会長となり,党内とりまとめの手腕には定評があった。 1980年6月大平正芳首相が急死したあと首相に就任。行政改革財政改革に取り組み 1982年 10月辞任。 1990年引退。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すずき‐ぜんこう〔‐ゼンカウ〕【鈴木善幸】

[1911~2004]政治家。岩手の生まれ。昭和22年(1947)日本社会党から衆議院議員に初当選。その後、保守に転向し自民党で郵政大臣・厚生大臣・官房長官などを歴任。同55年、大平首相急死後首相就任。同57年退陣。→中曽根康弘

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鈴木善幸【すずきぜんこう】

政治家。岩手県出身。農林省水産講習所卒,1935年大日本水産会に入る。1947年日本社会党から衆議院議員に当選,1949年民主自由党に移る。1960年郵政相として入閣,以後厚相農相等を歴任。
→関連項目加藤寛シー・レーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木善幸 すずき-ぜんこう

1911-2004 昭和後期-平成時代の政治家。
明治44年1月11日生まれ。生家は岩手県の網元。漁業団体勤務などをへて,昭和22年社会党から衆議院議員となる。翌年離党し民自党,自民党にうつる。当選16回。第1次池田内閣の郵政相をはじめ,官房長官,厚相,農相を歴任。調整能力にすぐれ,自民党総務会長として在任10期。55年首相となり「和の政治」につとめた。平成2年引退。平成16年7月19日死去。93歳。水産講習所(現東京水産大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木善幸
すずきぜんこう
(1911―2004)

政治家。岩手県山田町に生まれ、水産講習所卒業。水産業界を舞台に活躍し、1947年(昭和22)日本社会党から衆議院議員に当選。その後社会革新党を経て民主自由党へ移る。池田勇人(いけだはやと)内閣の郵政大臣、官房長官、佐藤栄作内閣の厚生大臣、自由民主党(自民党)総務会長などを歴任。田中角栄内閣成立時には田中―大平(おおひら)連合の橋渡しの役割を果たした。鈴木は党内のとりまとめ役としての手腕にたけ、いわば「縁の下の力持ち」的存在であったが、大平正芳(おおひらまさよし)急死後、大平派を継承し、かつ大方の予想を裏切って1980年7月田中、福田両派の支持で首相に就任した。自民党の絶対多数を背景に、日米「同盟関係」の明言、防衛力増強、実質的な靖国(やすくに)神社公式参拝など右寄り路線を推進したが、公約とした「増税なき財政再建」の方針が破綻(はたん)し、また教科書問題などで内外の批判が高まるなか、1982年10月退陣を表明した。1990年(平成2)政界を引退。[伊藤 悟]
『読売新聞社政治部編『総理大臣鈴木善幸――政治家523人がつくりあげる80年代権力構造の全容』(1980・現代出版) ▽岩手放送編・刊『元総理鈴木善幸激動の日本政治を語る』(1991)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木善幸の関連キーワード鈴木内閣(鈴木善幸内閣)自由民主党(日本)鈴木俊一(2)中山太郎(2)中曽根康弘内閣内閣総理大臣大来佐武郎塩川正十郎田中 龍夫中曽根内閣シーレーン中川 一郎日本国際賞中曾根康弘安孫子藤吉田中角栄鈴木内閣宮沢喜一亀岡高夫始関伊平

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木善幸の関連情報