コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候図 キコウズ

3件 の用語解説(気候図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きこう‐ず〔‐ヅ〕【気候図】

各地の気候を白地図上に表した図。気候要素ごとに作られる気温図・降水量図や気候区分図など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きこうず【気候図 climatic chart】

気候の分布を表した地図。一般には気温,降水量,気圧,日射量,風,積雪などの気候要素別に平年値の分布図が作られることが多い。気候分布を総合的に表した気候区分図も重要な気候図の一つである。多くの地図帳には,北半球の多くの地域の最寒月と最暖月である1月と7月の気温と年降水量の分布図,気候区分図などの気候図が収録されている。このほかにも開花日や動物の初見日などの分布を示す生物季節図,高気圧や低気圧の経路図,前線出現度数分布図,気候災害分布図など,いろいろなものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気候図
きこうず

気候を表現した図。気候現象はさまざまであり、また表現する目的から多様な図がつくられる。もっとも代表的な図は気候区分図であるが、このほかに気候要素の変化を示した変化図(日変化、年変化)あるいは分布図や断面図がある。気候分類図以外の図の表現には、どれだけの要素を図上に表現するかにより、等温線あるいは等雨量線などの等値線(アイソプレス)あるいは記号などさまざまな表示方法がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気候図の関連キーワード雨量因子温帯気候学気候療法言語地図大陸度絵地図気候因子サバンナ気候ケッペンの気候分類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone