コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西岸気候 せいがんきこうwest coast climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西岸気候
せいがんきこう
west coast climate

大陸の西岸にみられる気候で,東岸気候に対する気候。温帯における西岸気候は冬季に東岸気候よりも高温多雨となり,低緯度地方では西岸気候のほうが低温,少雨となる。このため温帯の西岸は気候温和で,西岸海洋性気候温帯冬雨気候の特徴を示す。一方,低緯度地方では,東岸は季節風の影響を強く受けるが,西岸はその影響が少なく海岸まで砂漠となっているところがみられる。西岸気候が生じるのは,西岸では低気圧などによる大気の擾乱がよく発達し,温帯では多量の熱が低緯度から運ばれ,一方低緯度地方では高緯度からの冷たい空気が運ばれるため,すなわち南北の大気の混合がよく行なわれるためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいがん‐きこう【西岸気候】

大陸の西岸の地域を特徴づける気候。比較的温和で、中・高緯度地方では冬は高温・多雨、夏はその逆になる所が多い。→東岸気候

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

西岸気候【せいがんきこう】

大陸の西側に特徴的な気候。東岸気候に対比され,東岸に比べると概して温暖で,冬暖かく夏涼しく,高・低緯度間の気温差も小さく海洋性気候の特徴が強く現れることから,西岸海洋性気候と称することも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいがんきこう【西岸気候 west‐coast climate】

大陸東岸と比較したとき,大陸西岸地域に発達する気候をいい,東岸気候に対する言葉。同じ緯度の大陸西岸と東岸を比較すると,中緯度および高緯度地方では西岸が高温・多雨で,東岸が低温・少雨であり,低緯度地方ではこの傾向が逆となり,前者が低温・少雨,後者が高温・多雨である。夏は冬に比べてこの傾向が逆になるところが多いが,同じ傾向を示すところもかなりある。一般に西岸気候は東岸気候に比べて温和で,高・低緯度間の気温差も小さく,降水も東岸に比べ高緯度で多雨,低緯度では比較的少雨である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいがんきこう【西岸気候】

大陸の西岸地方に特徴的な気候。東岸に比べて一般に温和。夏は冷涼、冬は温暖。中・高緯度で顕著。 → 東岸気候

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西岸気候
せいがんきこう

大陸の西岸地方に特徴的にみられる気候。とくに温帯では、大陸の西岸と東岸の差が顕著であるため、大陸東岸の気候と対比していう。一般には西岸は東岸に比べて気温の年較差が小さく温和で、年降水量は少ない。しかし細かくみていくと、西岸は東岸に比較して、冬には中・高緯度で温和多雨であり、夏は涼しく少雨の所が多い。また西岸低緯度は一部の地域の冬を除いて比較的少雨である。西岸と東岸の差異は、日本人には西欧と東洋の風土の違いとして実感されている。西岸気候の成因は、偏西風の季節変動と地表の高・低気圧の季節による位置変動から説明が可能で、東岸と比べ季節風が発達せず、大気の南北混合が活発なことにある。[小林 望・福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西岸気候の関連キーワード地中海(Mediterranean Sea)ブリティッシュ・コロンビア大気候

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android