コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河土御厨(大河戸御厨) おおかわどのみくりや

2件 の用語解説(大河土御厨(大河戸御厨)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大河土御厨(大河戸御厨)【おおかわどのみくりや】

現在の埼玉県北葛飾郡松伏(まつぶし)町大川戸を遺称地とする伊勢神宮領の御厨。現松伏町から埼玉県越谷(こしがや)市にかけての古利根(ふるとね)川流域一帯に比定され,一部は武蔵国足立(あだち)郡にもまたがっていたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおかわどのみくりや【大河土御厨(大河戸御厨)】

武蔵国埼玉郡南半と足立郡南東部の御厨。現在の埼玉県越谷市~三郷市付近と思われる(北葛飾郡松伏町大川戸付近も含んでいたらしい)。伊勢神宮領。1184年(寿永3)1月,源頼朝は自己の祈願と国家静謐祈禱のために,権禰宜度会光親に付し,大河土御厨を伊勢神宮に寄進した。この時の寄進状によると,この地は源家相伝の所領であったが,平家全盛のころ一時押領されていたものという。なお元来伊勢神宮領であったらしい。頼朝の寄進当時は外宮領であったが,すぐに内・外両宮共用の所領となったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大河土御厨(大河戸御厨)の関連キーワード綾瀬川名張川日本薬科大学足立葛飾盛典御厨子石出吉胤尊海(1)大雲文竜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone