コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉黒石 おおいずみ こくせき

2件 の用語解説(大泉黒石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大泉黒石 おおいずみ-こくせき

1894-1957 大正-昭和時代の小説家。
明治27年7月27日生まれ。大泉滉(あきら)の父。ロシア人を父にもち,少年時代ロシア,ヨーロッパですごす。三高,一高中退。大正8-10年「中央公論」連載の「俺(おれ)の自叙伝」や,小説「老子」で知られる。怪奇小説ユーモア小説なども手がけた。昭和32年10月26日死去。63歳。長崎県出身。本名は清。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大泉黒石
おおいずみこくせき
(1894―1957)

小説家。本名清。長崎に生まれる。父はロシア人で、幼少のころはロシアやヨーロッパで生活し、帰国後、第三高等学校第一高等学校などで学ぶ。『中央公論』に連載した『俺(おれ)の自叙伝』(1919~21)で注目された。ゴーリキーの『どん底』の翻訳(1921)、『露西亜(ロシア)文学史』(1922)、『老子』(1923)などのほか、『黄(ウオン)夫人の手』(1924)、『黒石怪奇物語集』(1925)、『眼(め)を捜して歩く男』(1928)などの怪奇小説、『人間開業』(1926)、『人間廃業』(1926)などのユーモア小説がある。ダダイスト辻潤(つじじゅん)らと交友があり、虚無的な思想がみられる。[海老井英次]
『玉川しんめい著『日本ルネッサンスの群像』(1977・白川書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大泉黒石の関連キーワード畑耕一高桑義生金子洋文橘外男伊藤人誉犬田卯諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄戸川貞雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大泉黒石の関連情報