コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉黒石 おおいずみ こくせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大泉黒石 おおいずみ-こくせき

1894-1957 大正-昭和時代の小説家。
明治27年7月27日生まれ。大泉滉(あきら)の父。ロシア人を父にもち,少年時代をロシア,ヨーロッパですごす。三高,一高中退。大正8-10年「中央公論」連載の「俺(おれ)の自叙伝」や,小説「老子」で知られる。怪奇小説やユーモア小説なども手がけた。昭和32年10月26日死去。63歳。長崎県出身。本名は清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大泉黒石
おおいずみこくせき
(1894―1957)

小説家。本名清。長崎に生まれる。父はロシア人で、幼少のころはロシアやヨーロッパで生活し、帰国後、第三高等学校、第一高等学校などで学ぶ。『中央公論』に連載した『俺(おれ)の自叙伝』(1919~21)で注目された。ゴーリキーの『どん底』の翻訳(1921)、『露西亜(ロシア)文学史』(1922)、『老子』(1923)などのほか、『黄(ウオン)夫人の手』(1924)、『黒石怪奇物語集』(1925)、『眼(め)を捜して歩く男』(1928)などの怪奇小説、『人間開業』(1926)、『人間廃業』(1926)などのユーモア小説がある。ダダイスト辻潤(つじじゅん)らと交友があり、虚無的な思想がみられる。[海老井英次]
『玉川しんめい著『日本ルネッサンスの群像』(1977・白川書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大泉黒石の関連キーワード大泉 滉昭和時代血と霊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android