大瀬 甚太郎(読み)オオセ ジンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

大瀬 甚太郎
オオセ ジンタロウ

大正・昭和期の教育学者



生年
慶応1年12月24日(1866年)

没年
昭和19(1944)年5月29日

出生地
石川県金沢

学歴〔年〕
東京帝大文科大学〔明治19年〕卒

学位〔年〕
文学博士

経歴
東大でヘルバルト学派ハウスクネヒトの指導を受けた。明治26年から約4年間、ドイツ、フランスに留学、欧米の教育学説を研究、帰国後、東京高等師範学校教授に就任。昭和4年創設された東京文理科大学教授となり、教育学を担当、後学長となった。欧米の教育学説を紹介、日本における欧米教育史研究の体系化に努めた。著書に「欧州教育史」「教育学講義」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大瀬 甚太郎 (おおせ じんたろう)

生年月日:1865年12月24日
大正時代;昭和時代の教育学者。文学博士;東京文理科大学学長
1944年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android