大瀬崎(読み)おおせざき

  • おせざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎県,五島列島南部,福江島の南西端の。五島市玉之浦地区に属する。東シナ海に臨む大断崖の景勝地。明治以後沖合い漁業の重要な基地であった玉之浦漁港が,岬の東側にある。近くに大瀬崎灯台キリシタン遺跡,井持浦天主堂がある。
静岡県東部,伊豆半島の北西端,駿河湾に突出した岬。達磨山の北西山麓にあり,長さ 1kmの砂嘴で,くさび島とも呼ばれている。沼津市に属する。岬には巨大なビャクシン樹林 (天然記念物) が繁茂し,「舟祭り (4月) 」で有名な式内社大瀬神社がある。その神域には,伊豆七不思議に数えられる淡水の神池があり,コイフナが生息する。特に富士山眺望はすばらしく,夏季には海水浴場,キャンプ場などでにぎわう。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

長崎県五島列島の福江島南西端にある岬。島の南西岸は東シナ海の荒波により浸食され,高さ100~150mの断崖が延々と続くが,中でも1879年開設された白亜の大瀬崎灯台(1971改修)付近の海食景観はとくによく,西海国立公園の印象的な観光地である。また断崖下の岩場は,磯釣客に人気がある。【竹内 清文】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大瀬崎の言及

【玉之浦[町]】より

…漁業は古くから県下有数のブリ定置網漁場として知られるが,漁獲の年変動が大きく,現在ではタイ,ハマチ,真珠を主とする養殖漁業が中心になっている。高さ100~160mの大海食崖の上に灯台の立つ大瀬崎は西海国立公園を代表する景勝地である。南端にある五島列島最古の寺といわれる大宝寺のほか,遣唐使やキリシタンにまつわる史跡も多い。…

※「大瀬崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大瀬崎の関連情報