大王製紙(読み)だいおうせいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大王製紙」の解説

大王製紙
だいおうせいし

会社。1943年和紙製造する四国の 14工場が合同合併して設立。第2次世界大戦後の 1947年,和紙から洋紙製造へ転換をはかり,1950年新聞用紙市場に参入。1954年愛媛県の三島工場(四国中央市)のクラフトパルプ設備の完成により,木材から紙までの一貫生産体制が整う。新聞用紙,印刷用紙を中心に,衛生用紙,板紙パルプ,紙加工品を製造,販売する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「大王製紙」の解説

大王製紙

正式社名「大王製紙株式会社」。英文社名「Daio Paper Corporation」。パルプ・紙製品製造業。昭和18年(1943)設立。東京本社は東京都中央区八重洲。製紙会社。愛媛県発祥。「エリエール」ブランドで商品展開する家庭紙の最大手。新聞用紙でも実績。東京証券取引所第1部上場。証券コード3880。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android