コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大穂 おおほ

3件 の用語解説(大穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大穂
おおほ

茨城県南西部,つくば市中部の地区。旧町名。 1987年近隣町村と合体してつくば市となる。西部でホウキモロコシが栽培され,座敷ぼうきの生産は全国一で,輸出もされる。南部は筑波研究学園都市の一部で,多くの研究所などが設置されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおほ【大穂】

茨城県南西部,筑波郡の旧町。1987年桜村,谷田部町,豊里町と合体してつくば市となる。旧町域は筑波研究学園都市の開発区域に含まれ,東部には高エネルギー物理学研究所,建築研究所などの研究試験機関が立地している。若森は江戸時代に旗本堀田氏の陣屋が置かれ,廃藩置県後は若森県の県庁所在地となった。中心産業は農業で野菜の栽培や養豚のほか,芝の栽培が行われ,座敷ほうきの特産地。【千葉 立也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大穂
おおほ

茨城県つくば市北東部の地区。1953年(昭和28)町制施行した大穂町が、1987年筑波郡谷田部(やたべ)、豊里(とよさと)の2町、新治(にいはり)郡桜村と合併、市制施行してつくば市となった。筑穂(つくほ)につくば市役所大穂窓口センターを置く。筑波台地の北部をなし、平地林が多い。つくばエクスプレスつくば駅からバスが通じる。米、麦の農業が主で薪炭(しんたん)も産した。ホウキモロコシをつくり、座敷箒(ざしきぼうき)を産する。筑波研究学園都市に属する。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大穂の関連キーワード木曽福島筑波豊里谷田部伊奈[町]つくば[市]茨城県下妻市筑波島茨城県つくば市筑波谷和原〈村〉筑波銀行

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大穂の関連情報