コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑穂 ちくほ

2件 の用語解説(筑穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑穂
ちくほ

福岡県中部,飯塚市西部の旧町域。遠賀川支流の穂波川上流域から三郡山地東斜面にまたがる。 1955年上穂波村,内野村,大分村の一部が合体して町制施行。 2006年飯塚市,穂波町,庄内町,頴田町と合体して飯塚市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑穂
ちくほ

福岡県中央部、嘉穂(かほ)郡にあった旧町名(筑穂町(まち))。現在は飯塚(いいづか)市の南部を占める。旧筑穂町は1955年(昭和30)上穂波(かみほなみ)、内野(うちの)の2村と大分(だいぶ)村の一部が合併して町制施行。2006年(平成18)飯塚市に合併。旧町域の西部から南部は三郡(さんぐん)山(936メートル)を中心とする山地帯で、北流する穂波川が小沖積低地を形成、北東部には古第三紀層の丘陵が起伏する。JR筑豊(ちくほう)本線が篠栗(ささぐり)線を分岐し、国道200号と並走する。また、北部を八木山(やきやま)バイパスが通る。筑豊炭田の南西部にあたり日本製鉄嘉穂炭鉱が1970年まで操業していた。主産業は農業で、稲作やナス・キュウリなどの野菜栽培、酪農・肥育牛・養鶏などの畜産が行われ、林業も盛んである。国指定史跡の大分廃寺塔跡や神功(じんぐう)皇后ゆかりの大分八幡宮があり、内野は筑前六宿(ちくぜんむしゅく)の一つとして知られる宿場町であった。[石黒正紀]
『矢野久編『筑穂町誌』(1962・筑穂町) ▽『筑穂町誌』全2巻(2003・筑穂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑穂の関連キーワード福岡県飯塚市秋松福岡県飯塚市飯塚福岡県遠賀郡遠賀町遠賀川福岡県飯塚市柏の森福岡県飯塚市大分福岡県飯塚市綱分福岡県飯塚市椿福岡県飯塚市西徳前福岡県飯塚市西町福岡県飯塚市山口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑穂の関連情報