コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊里 とよさと

4件 の用語解説(豊里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊里
とよさと

宮城県北東部,登米市南部の旧町域。仙北平野の南東部にある。 1950年町制。 2005年町,登米町,東和町,中田町,米山町,石越町,南方町,津山町の8町と合体して登米市となった。南部で旧北上川 (→北上川 ) と迫川が合流,水田地帯を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

豊里
とよさと

茨城県南西部,筑波山 (877m) の南西麓,つくば市の一地区。旧町名。 1987年近隣町村と合体してつくば市となる。畑作農業が行われ,東部は筑波研究学園都市

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とよさと【豊里】

茨城県南西部,筑波郡の旧町。1987年,桜村,谷田部町,大穂町と合体,つくば市となる。筑波台地上にあり,西境を小貝川が南流する。畑地,平地林が多く,水田は谷津田がほとんどである。芝の栽培が多く,養豚も行われる。東縁部の筑波研究学園都市地区には各種の研究所がある。近年,住宅団地セットした工業団地の造成が行われ,工場の誘致を図っている。雨乞いの神として知られる金村別雷(わけいかずち)神社がある。【千葉 立也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊里の関連キーワード大穂木曽福島筑波谷田部伊奈[町]つくば[市]茨城県下妻市筑波島茨城県つくば市筑波谷和原〈村〉筑波銀行

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊里の関連情報