コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳皮質基底核変性症 ダイノウヒシツキテイカクヘンセイショウ

デジタル大辞泉の解説

だいのうひしつ‐きていかく‐へんせいしょう〔ダイナウヒシツ‐ヘンセイシヤウ〕【大脳皮質基底核変性症】

パーキンソン症状(筋肉の固縮・動作緩慢・歩行障害など)と大脳皮質症状(失行失語など)が同時に起こる病気。中年期以降に発症し、緩やかに進行する。一方の腕が思うように動かせない、動きが遅くなるなどの症状に続いて、同じ側の脚、反対側の腕・脚にも運動障害が起こる。前頭葉頭頂葉萎縮が見られるが発症の機序は不明。パーキンソン病関連疾患として厚生労働省特定疾患難病)に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大脳皮質基底核変性症の関連キーワードパーキンソン症候群若年性認知症

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大脳皮質基底核変性症の関連情報