コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷藤子 おおたに ふじこ

2件 の用語解説(大谷藤子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷藤子 おおたに-ふじこ

1903-1977 昭和時代の小説家。
明治36年11月3日生まれ。高見順,円地文子らと「日暦」を創刊。昭和9年「改造」の懸賞小説に「半生」が女性初の当選。28年「釣瓶(つるべ)の音」で女流文学者賞,45年「再会」で女流文学賞。昭和52年11月1日死去。73歳。埼玉県出身。三田高女卒。本名は大谷(おおや)トウ。作品はほかに「青い果実」「最後の客」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷藤子
おおたにふじこ
(1903―1977)

小説家。埼玉県生まれ。東京の三田高等女学校を経て東洋大学聴講生になる。『日暦』『人民文庫』などに参加して創作に精進し、1934年(昭和9)『半生』が『改造』の懸賞小説に当選、翌年発表の『須崎(すざき)屋』とともに出世作となった。力強いタッチの人物描写に定評があり、『山村の母達』(1939)、『谷間の店』(1946)など出身地秩父(ちちぶ)を題材にしたものに佳作が多い。短編を得意としたが、『青い果実』(1959)、『断崖(だんがい)』(1960)などの長編もある。[江刺昭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大谷藤子の関連キーワード磁鉄鉱系列プラット修正ロシア映画尾上菊五郎永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone