コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷藤子 おおたに ふじこ

2件 の用語解説(大谷藤子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷藤子 おおたに-ふじこ

1903-1977 昭和時代の小説家。
明治36年11月3日生まれ。高見順,円地文子らと「日暦」を創刊。昭和9年「改造」の懸賞小説に「半生」が女性初の当選。28年「釣瓶(つるべ)の音」で女流文学者賞,45年「再会」で女流文学賞。昭和52年11月1日死去。73歳。埼玉県出身。三田高女卒。本名は大谷(おおや)トウ。作品はほかに「青い果実」「最後の客」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷藤子
おおたにふじこ
(1903―1977)

小説家。埼玉県生まれ。東京の三田高等女学校を経て東洋大学聴講生になる。『日暦』『人民文庫』などに参加して創作に精進し、1934年(昭和9)『半生』が『改造』の懸賞小説に当選、翌年発表の『須崎(すざき)屋』とともに出世作となった。力強いタッチの人物描写に定評があり、『山村の母達』(1939)、『谷間の店』(1946)など出身地秩父(ちちぶ)を題材にしたものに佳作が多い。短編を得意としたが、『青い果実』(1959)、『断崖(だんがい)』(1960)などの長編もある。[江刺昭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷藤子の関連キーワード土師清二三角寛和田芳恵桜田常久川名完次寺崎浩野沢純長谷川幸延横山美智子若杉慧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone